馬が合わない人と付き合っていくには!

こんにちは!

 

馬が合わない人と付き合っていくには、相手の感情やプライドを

無理に刺激しないことです。

 

プライベートのことは話さないようにして、職場だけの関係と

割り切ります。

 

相手に近づきすぎると、心も体も疲れてしまいます。

利益のために利用されたり、仲間や恋人を取られることも

ありえます。

 

相手に責められるという場合は、あの時こう言ったという

メールや書面を残すようにしておきます。

 

責任転嫁されないようにします。

 

他の人の迷惑を考えずに、自分の感情や考えのまま行動する人の場合、

自分の態度や意思を明確にします。

 

相手は何か他の人から吹き込まれていることもあります。

 

相手の意見や態度に一貫性が見られない時には反論します。

 

理不尽なことをされたり言われたりした場合も、嫌だと伝えます。

 

相手のペースに飲まれないようにします。

 

プライドが高く見栄っ張りな人の場合は、本当の自分が知られることを

恐れる人もいます。

 

過去を知っている人との関わりを避けることもあります。

自分に良くしてくれた人にさえ、縁を切ろうとする人もいます。

 

気分屋と言われる人は、態度が変わりやすいです。

 

自分の感情をぐっと抑えて行動することが出来る人が大人です。

 

内面が露骨に表情に出てしまう人や、自分の気持ちを

コントロール出来ない人もいます。

 

悪気がないので、人に迷惑を掛けているという自覚はありません。

 

権力のある人の前や弱い立場の人や異性に対して

極端に態度が変わる人には要注意です。

自分がされていないとしても、いつされるか分からないからです。

 

損得で物事を考える人や、自分の利益を最優先にする人は、

手のひら返しをしやすいです。

 

人間関係を常に天秤にかけ、自分は誰といるのが得なのかを

常に考えています。

 

自分にプラスになると分かれば相手に近づき、

マイナスになると分かれば離れます。

 

何らかの利害関係がある時もあります。

 

自分が急に態度を変えたら、相手が迷惑するであろうと分かっていて、

手のひら返しをします。自分にとっての将来や利益が大事だからです。

 

馬の合わない人と一緒にいると、体力的にも精神的にも消耗します。

相手に振り回されないように、相手が手のひら返しをする人かを

見極める必要があります。

 

手のひら返しする人は、自分の思いで態度を変えていません。

 

組織内での管理職層や経営者層、年配者や親といった人が

背後で考えを入れ知恵しています。

 

本人にとって何らかの利益があるので、相手の操り人形になります。

態度が変わることがあります。

 

対面では言えないのに、メールなどで後で言ってくるという場合は、

面と向かって自分の気持ちが伝えられない内気な人です。

 

考えや態度がころころ変わるように見えて、内気なためにすぐに

自分の思いが伝えられません。悪意はありません。

仕事に対して前向きになるには!

こんにちは!

 

仕事に対して前向きになるには、自分の評価に対する情報を集めることです。

 

特に悪い評価であった場合こそ必要です。

 

会社から客観的に出された証拠がいくつあるかを確認します。

 

苦情の履歴、訓戒処分、始末書、定期昇給といったものです。

 

会社が記録として管理していないのに、評価が伴っていない場合は、

評価の理由を確認するようにします。

 

場合によっては外部に相談します。

 

上司が変われば評価が変わることもあります。

 

現在の仕事で前向きな評価が得られていない場合は、

別の道や異動を検討します。

 

間違ってもさぼっていると思われる行動を取らないことです。

 

人は公平に評価されているとは限りません。

さぼっていると思われると、悪い評価が当然のことと思われます。

 

悪い評価を受けると不満を感じます。

 

評価制度が公平であることが必要です。

公平に運用されていない場合は、仕事の取り組み方を見直した上で、

上司の上司や人事部や他部署の上司、外部の相談機関に

相談してみます。

 

分かってくれる人もいます。

 

悪い評価だからと自業自得ではなく、環境の問題ということもあります。

 

評価が良くなれば、仕事に対して前向きになれます。

 

一度でも良い評価を受けると、その期待に応えるためにまた前向きに

なれます。

 

より評価を高めようと努力します。

 

賞与、給与、役職といった目に見える形で、良い評価が現れると、

やる気が出ます。

 

まずは給与アップを目指してみます。何か自分の頑張りが形に

残らないか考えてみます。

 

評価とは誰かと対比したからこそ生まれます。

良い評価をされる人がいれば、相対的に悪い評価をされる人がいます。

 

悪い評価だから仕事を頑張らなくていいという訳ではありません。

仕事に向いていないという訳でもありません。

 

頑張っているから評価していると管理者は考えていますが、

良い評価をされたから頑張っているとも言えます。

 

全員が良い評価を常に受けられません。

 

管理者が部下の良い面や長所を見て伸ばすことも必要です。

 

自分から仕事を見つけて取り組んでみたり、

手待ち時間に指示を仰ぎ進んで業務を行うようにします。

 

 

本当に応援してくれる人が見えてくるには!

こんにちは!

 

本当に応援してくれる人が見えてくるには、

困った時に知恵や助けを求めた時です。

 

変なプライドをもたずに、助けを借りましょう。

 

助けを求めたときの反応で、本当に応援してくれる人が見えてきます。

 

人にはそれぞれ事情があるので、実際には助けてもらえないこともあります。

 

しかしはじめから突き放すような態度を取る人と、

助けにはすぐに入れなくても親身になってくれたり、

その後を気にかけてくれる人とは違います。

 

他の人が困っていたら、自分の出来る限り声を掛けたり、

助けに入るようにします。自分も他の人のことを応援して

信頼してもらうことです。

 

困った時に助けてくれた人には必ずお礼や感謝をしましょう。

 

困ったことに陥った原因は地道に解決するようにし、

日頃から努力していることを分かってもらうようにします。

 

困った時だけ話すということはやめるようにします。

 

困ったことが起きた時に、どう行動するかが見られています。

 

困ったことに対して、本当に辛いことを分かってくれる人が

本当に応援してくれる人です。

 

 

もっといい環境ならと思う時に!

こんにちは!

 

もっといい環境ならと思う時には、知恵とやる気を出せば

出来ることが増えると気づくようにします。

 

うるさいと感じる環境でも、耳栓を付けることで

静かな環境になります。

 

田舎で本屋まで遠いとしても、インターネットで本が買えます。

また図書館を利用します。

 

他の人からアドバイスを受けるようにします。

 

自分だけで考えていても、自分の感情の引き出しだけで

考えがちになったり、自分の思考の枠を超えられません。

 

悩んだらいけないと思い込まないことです。

 

受け身状態で、良い人間関係を作ることは難しいです。

 

いっしょにいて幸せだなと思ってもらえるように

行動します。

 

親しくなれて良かったと思ってもらうことです。

 

本当にいい人間関係を築きたい場合は、

自分を成長させて気の合う人と距離を縮めます。

また会わない人とは程よい距離を保ちます。

 

人を利用したり、足を引っ張る人、嫉妬する人とは

距離を置きます。

 

人と接する時には、相手の立場に立った言動を

心掛けます。

 

自分がこれをしたら、相手がどう思うのかについて

きちんと考えて行動したり発言しましょう。

 

自己犠牲をしてまで、相手に尽くす必要はありません。

自分がつぶれてしまうからです。

自分のことは大事にします。

 

相手と意見が分かれた時も、相手から妥協案が出ることを

待たないようにします。自分からいろいろと考えて提案するようにします。

お互いの要望の折り合いを付けることで、相手との人間関係を

壊しません。

 

人間関係に満足できると他の条件が気にならなくなります。

 

人生のチャンスは人から引き立てられることで生まれます。

 

人から引き立てられるように、日頃から相手の話を素直に聞くことです。

 

目上の人からのアドバイスに疑問を感じても、

ひとまず素直に聞き入れてその通りにしてみましょう。

 

自分の視野が広がり、目上の人との信頼関係が深まります。

 

仕事でチャンスを与えてもらうことにつながります。

 

人の話をきちんと聴くことで、相手に理解者だと思ってもらえます。

相手がどういう人かも理解できます。

相手がどんな人か分かれば、相手が喜ぶ対応が可能です。

 

周りから評判の良い人は、悪口を言わないとされています。

 

悪口を言わないことはその人の長所であり、魅力です。

 

もっといい環境ならと思う時には、悪口を言わないことや

他の人から引き立ててもらえるようにすることが大事です。

自分の出来る形で水を大事にするには!

こんにちは!

 

自分が出来る形で水を大事にするには、

日常的に水に困る生活を強いられている人が

現代でも数えきれないほど存在していると知ることです。

 

水が大事とは当たり前のことですが、思うだけでは大事には出来ません。

 

水が不自由なく使える環境に強く感謝します。

 

一時的だとしても大雪の影響で断水してしまった地域や、

災害で水に困るという地域もあります。

 

一時的だと言ってもいつまで断水が続くか分からず、

とても不安になります。

 

なくなって困るけれども普段はありがたみが分かりません。

 

普段から水を大事にし、いざという時の水を用意しておきます。

 

水不足に陥った国は、再生可能な淡水が枯渇寸前まで至ります。

 

何も対策を講じなければ、気候変動によって気温の上昇が

引き起こされます。水不足問題が加速します。

 

全人口の40%に当たる約28億の人が水不足による被害を

受けています。一時的な人も含めると更に増えます。

 

世界的に水不足は大きな課題です。

解決できれば世界の人々の暮らしが豊かになります。

 

例えばトイレに流す水もどのくらい使っているかを

知ることです。どのくらい使っているか分かれば、

大と小をなぜ分けるのかが分かってきます。

 

もしタンクに水がなければもちろんトイレは流れないです。

タンクに常に水があるのは水道管がつながっているからです。

水道管に必ず水が流れているという前提です。

凍ったりするとトイレは使えなくなります。

タンクに予備の水を入れる必要があります。

 

水は循環しているとしても、排出量を減らす必要があります。

 

出来るだけ地下水を利用できるようにします。

 

 

上司から嫌味を言われにくくするには!

こんにちは!

 

上司から嫌味を言われにくくするには、真顔で「その通りです」と

返して相手に納得してもらうことです。

 

無益な上司の嫌味に対しては、「受け取らない」、「対立しない」、

「受け流す」ことです。

 

再び嫌味を言われたとしても、同じように対応していけば、

上司も面倒くさくなり何を言っても無駄と感じます。

 

相手の話に合わせることです。

 

嫌味に対して、教えを乞うようにすることも有効です。

 

「ぜひご指摘いただいた件について詳しく教えて下さい」と

謙虚に伝えます。

 

上司の顔を立てて、気分を良くしてもらいます。

 

無益で理不尽な嫌味を言っている場合には、返答に困ります。

今後嫌味を言うことはないです。

 

どんなに嫌味を言われても、満面の笑みで返すことです。

 

理不尽な嫌味に対しては何か言いたくなります。

 

しかし笑顔を浮かべて「気を付けます」と返事をします。

 

予想しなかった反応に戸惑い、それ以上のことは言えません。

 

上司の言ったことを無視することは難しいですが、

「はい」「そうですね」と受け流します。

 

うるさい嫌味をただの口癖だと割り切ります。

 

上司をキャラクターや動物と置き換えてみると、

上手にスルー出来るようになります。

 

相手からの発言をそのまま言い返してもいいです。

 

ただし感情は入れないことです。

機械的にリピートします。

 

上司に罪悪感がもたらされ、次回からの嫌味が軽減されます。

 

上司の嫌味が正しければ聞き入れます。

無益な嫌味を受け止める必要はなく、状況に応じて受け流します。

 

衝突することが得策でない時もあります。

 

立場が上の人だと割り切って、出来るだけ対立は避けましょう。

 

出来るだけ人とコミュニケーションを取ったり、知識やスキルを

身に付けます。

 

前よりも自信をもつと、自然に積極的な言動になります。

 

消極的だと思われると、嫌味のターゲットになります。

 

会社は利益を上げる必要があるため、部下を管理している上司は、

何度注意しても改善が見られない場合は、嫌味が増えます。

 

最低限の仕事が出来るようになれば、上司からの嫌味はなくなります。

自分自身での努力も必要です。

 

上司が部下に嫌味を連発する理由のほとんどは、

精神的に未熟であり、人間の器が小さいことです。

口癖で嫌味を言っていてもパワハラです。

 

パワハラとは、立場が下の者に明らかな威圧を与えたり、

労働基準法に反する働き方をさせることです

 

基本的に相手がパワハラと感じればパワハラです。

 

最終的には認定されないとしても、組合やもっと立場が上の人に

積極的に相談します。パワハラを放置することのリスクが

分かる人に出会えます。

 

上司と長く接することで性格だと分かり気にならなくなることも

あります。

 

優秀な部下がターゲットにされることもあります。

えこひいきする上司がいたら!

こんにちは!

 

えこひいきする上司がいたら、上司との挨拶の仕方を変えます。

 

上司との接触を増やすことで、上司に好かれることになります。

 

上司の目を見て元気良く、「おはようございます」と言いましょう。

 

帰る場合は、笑顔で「お疲れさまでした」と言います。

 

上司の印象を変えることです。

 

慣れてきたら雑談を入れてみます。

 

そして上司に自分の考えを伝えて、質問したり報告したり連絡したりします。

 

教えてもらえた場合は、出来る限りの感謝を伝えます。

 

えこひいきする上司に気に入られると、相手を利用できます。

 

もしくは今えこひいきされている人の言動を観察し、

徹底的に真似ます。

 

えこひいきされている人と仲良くしておくことです。

 

またえこひいきする上司の上司とも話が出来る関係を作ります。

 

上司の上司と話をすることが難しい場合でも、

上司の上司や大勢の人がいる前で上司と話すようにします。

 

業務の成果を確実に上げ、落ち度がないようにします。

 

落ち度があった場合はまず謝ります。

 

えこひいきされている人に嫌味を言ったり、仲間外れにしないことです。

 

みんなと仲良くしている、仕事をきちんとしているという印象を

周りにもってもらうことが大事です。

 

えこひいきが行き過ぎた言動に変わった場合は、

上司の上司や人事部、相談機関に相談するようにします。

 

えこひいきする上司にえこひいきしていると言ったとしても

話は通じません。